医院ブログ│永田歯科医院。立川市の砂川七番駅から0分。駐車場完備

〒190-0004 東京都立川市柏町3丁目1-1 ナカノヤビル 1F

  • 042-536-4605
  • 無料メール相談
  • 24時間オンライン予約
キービジュアル

20170325-26

2017年03月27日

永田歯科医院 院内技工士 高橋先生

今回は咬合器周辺の操作を学びました。CR,ICP,COを咬合器上でどのように再現するのか?咬合高系決定方法の臨床的アプローチなど、細かくも重要な技術の再確認をすることができました。バイトのトリミングは癖になりそうです。passive fitなければ付着できない、ごく当然だけどスキップしてしまいそうなところをリマインドできました。

補綴医が日常臨床をこなすには院内技工無しには難しいように感じる今日この頃です。院内技工士の高橋先生が今、当院の補綴治療を盛り上げています!

子供の虫歯

2017年03月21日

こんにちわ!

先日、長女が市の5歳児検診に行き、虫歯がなくホッとした永沼です。
定期的に検診とフッ素塗布をしてくれる歯科衛生士の晃子さんのおかげです😊

乳歯の虫歯は、
歯と歯の間にできやすいこと
乳歯の虫歯は黒ではなく白いこともあるので気づきにくい
痛みがでにくいので、進行に気づきにくく痛みがでるころには神経まで到達していること
そして乳歯の虫歯は永久歯に影響があり、虫歯になりやすかったり、歯並びにも影響すると言われています。

甘い物を食べさせなければいいのですが、なかなかそれができず甘い物を与えてしまってますが、虫歯にならないようなるべく甘い物は1日1回、ジュースは外食の時と決めて、甘い物の中でも虫歯になりにくい物、虫歯になりやすい物があり、チョコレート、ハイチュウ、クッキーなどは虫歯になりやすいと言われているので、虫歯になりにくい、ゼリー、ヨーグルト、おせんべい、ポテトチップ、果物などをあげるようにしています。

そして何より大事なのは、予防、早期発見の為にも定期検診です!
定期検診時に虫歯を早期発見出来れば必要最低限の治療で済ますことできす。
4月からは毎週水曜日の午後に小児歯科専門医の先生による診療が始まります!
お子様の定期検診、フッ素塗布、治療にお困りの方はぜひご来院ください😊

春の連休💫

2017年03月20日

CIDセミナー総会

3/19、20よく晴れた連休。所属のスタディークラブCID(Center of Implant Dentistry)の総会に参加して来ました。

毎回新しい情報、技術、製品を発信し続けるこの会はインプラント治療にとどまらず、多角的に臨床に取り組んでいる国内でも屈指のスタディーグループです。スケージュール調整がコントロールできず二日間の講演のうちいくつかのトピックスについてのみ拝聴することができました。

まず,
Root Submerged Technique (RST)
すでにいくつかの臨床報告がある手法です。予後不良歯の根尖部のみを保存し軟組織で歯冠部を治癒させポンティック下部に応用する方法です。FGG,CTGを複数回行うよりも外科的侵襲も少なく、初期の感染をコントロールできれば有効な手法の一つかもしれません。日常臨床においても、抜歯途中中止でそのまま上部に固定性の義歯が補綴されているケースを稀に目にしますが、あえてその状況を作り出すような手法になります。

次に
Partial tooth Extraction Technique (PET)
特に前歯部インプラントの唇側ボリュームを温存するための手法で2014年のEAO(European Association for osseointegration)で発表されていた手法を日本で初めて目にしました。ボリューム温存の観点からは非常に理にかなった方法に思えますが、インプラント周囲が完全に骨結合されない点や、感染が起きた時の対応などコントロールが難しい手法に感じました。

最後に今話題のBOPT(Biologically oriented preparation technique)
今までの常識を打ち破るクラウン形成方法。ショルダーでもシャンファーでもディープシャンファーでもなくなんとナイフエッジ。今までの自分の歯冠修復処置をひっくり返す臨床的提案です。歯冠修復における歯牙切削量の定量的な減少は測れるものの、残留セメントのコントロール、辺縁歯冠修復材料の強度確保など多くの課題も議論されました。

いやはや、今回もいろいろな臨床的挑戦を目にすることができました。しかしながらどの方法も問題点も多いようです。。。

新しい技術、製品、手法、
手に入れやすい情報のバックグラウンドには常にcommerical biasが多大に影響しています。そういったプロパガンダに一喜一憂し流されることなく、自分は安全かつ実証された臨床手法で一症例一症例に対峙していきたいと思います。地道ですが歯科雑誌、歯学書、学会誌、原著論文に継続して情報にアクセスし、日々の日常臨床でバランスをとりながら成長していきたいと思います。

永田浩司

歯周病はお口の中だけの病気?

2017年03月17日

歯周病とは細菌感染により引き起こされる病気。
患者様の中にも歯周病だと診断された方多いのではないでしょうか?
実は成人の約8割の方が感染しているといわれる
私たちにとって、とても身近な病気なんです。

歯肉の炎症や歯を支えている骨が溶けるなど
お口の中に様々な症状を起こしますが
お口の中だけでなく歯周病原細菌は血流に乗って全身を周り
身体中あちらこちらで悪さをしているんです!

全身にどんな影響を及ぼすのかはまた別の機会に
詳しくお話ししていきたいと思います。

歯周病の予防も治療も、歯医者さんでのお掃除が大事!
最近歯医者さんでお掃除していないなあ・・・
そんな方は是非永田歯科医院にいらっしゃいませんか?
当院では一生モノの歯磨き指導を積極的に行っています。

春のボーリング大会

2017年03月15日

こんにちはドスコイ三浦です!!!

早いものでもう3月ですね。
まだまだ寒い日も続きますが
日中には春の足音を感じることが
できる日も増え明るい気分になってきます!

春が待ち遠しい!そんな3月のある土曜日。
当院では、新春恒例のボーリング大会が開催されました!

同じレーンのメンバーと一投一投歓喜しながら
ストライクにガーターにガーターに。。。。
大盛りあがりでした!!


ボーリングのあとは当院行きつけ”秘密のカレー屋さん”へ!
ボーリング大会 ダントツ優勝の大先生(スコア約200)へは
美味しいお酒がふるまわれました。
それにしても大先生うますぎ^^

最下位の院長チームは罰ゲームに謎のドリンク…
お味は……意外と飲めたようです。


当院では年間を通してイベントを定期的に開催しています。

様々なイベントを通して交流の場を広げ、普段コミュニケーションのとりにくいスタッフとも積極的に親睦を深めていきます。また当院のイベントでは、スタッフのお子様や家族も参加可能なことが多いです。スタッフを支える家族は、永田歯科医院を支える家族でもあります。そんな家族に感謝しつつ共に全力で楽しむことが、立川一楽しい医院を作る礎になると確信しています。

普段のアットホームで活気のあふれる職場の雰囲気に最高のチームワークを加え、我々チームDOSUKOIは立川一の歯科医院を目指していきます。

どすこい。。。
    どすこい。。。。

次回は新入社員歓迎場所です⭐️

歯周病とタバコ

2017年03月14日

現在、成人の約8割に人が歯周病であると言われています。

当院にも虫歯ではなく歯周病の治療の為に通院している方が多くいらっしゃいます。

皆さんは《タバコ》が歯周病の悪化を早め、治療効果を低下させてしまうことをご存知ですか?

タバコの煙にはたくさんの科学物質が含まれていて、肺や気管支だけではなく、煙の最初の通り道である口の中にも悪影響を及ぼします。

タバコは百害あって一利なし!!と言われています。

タバコの量をできるだけ減らし、禁煙をすることが歯周病の再発予防の一助となります。

TBIセミナー

2017年03月13日

こんにちは😊宮本です。

3月12日、大手町は三井住友銀行ビルで行われた「誰でもTBIができるようになる!」セミナーに参加してまいりました。TBI(Tooth Brushing Instruction)
とは、日本語でいうところの歯ブラシ指導のことを指します。

当院ではあらゆる患者様に対して一生ものの歯ブラシ指導を身につけていただくように心がけています。虫歯の治療であっても、歯周病の治療であっても、インプラントの治療であっても、365日、1日に数回行われる歯ブラシがきちんとできていなければ、治療の成功は成し得ません!いい治療は患者様と一緒に取り組むものだと我々は考えています。

セミナー講師には、歯科医師、歯科衛生士に加えメンタリストのDaiGoさんもいらっしゃって、多角的にTBIを見直す機会となりました。

今までの歯科治療のイメージは悪くなった所を治す、いわゆる
「対処療法」
が主流でした。
しかしながら、これからの歯科治療のコンセプトは
「予防歯科」
であり、歯周病や虫歯を未然に防ぐことこそが重要で、それを支える態勢を敷くことこそが我々永田歯科医院が立川市における公衆衛生の向上に寄与できるフィールドだと考えています。

『歯磨きって難しいなぁ・・・』
『歯磨きって面倒だなぁ・・・』
『頑張って磨いているのにどうして虫歯になるのだろう・・?』
多くの患者様は歯ブラシに対して様々な思いがあると思います。

永田歯科医院のTBIを通して全ての患者様に笑顔になってもらいたい!

永田歯科医院のTBIはただの歯ブラシ指導にとどまらず、その思いを乗せていきます。患者様個人個人の解剖学的特徴、歯科的既往歴、社会的環境、性格その全てを考慮したオーダーメードのTBIを提供します。

私は勉強を重ねて邁進し立川1デンタルカウンセラーを目指しています!
患者様笑顔帰宅率200%を目指し、宮本はこれからも突進し進化し続けていきます。

新宿セミナー✏️

2017年03月11日

こんにちは♪
植松です。

3月2日に新宿セミナーに行ってきました!!
月に一度、西新宿まで行き、たくさんの事を学んでいます。

今回のセミナーでは4月から一緒に働いてくれる仲間を迎え入れるために
オペレーションの確認やキャリアパスの再確認など、みんなで話し合ってきました!

4月からは人数も増えるので、活気に満ち溢れ、
患者様に喜んで帰っていただけるように日々精進してまいります!

金属アレルギー!?

2017年03月10日

こんにちわ。
永沼⭐️です。

3月に入りだんだんと暖くなってきたと同時に、花粉アレルギーの私には辛い季節がやってきました。今や日本人の3人に1人は花粉アレルギーアレルギーがあるそうです。

アレルギーといえば、
『銀歯は金属アレルギーの原因になるんですか?』
とよく患者様からも聞かれ先生に聞いてみたところ
『なることがあります!』との事でした。
歯の詰め物、被せ物(銀歯)や入れ歯に使われてる金属は、長い月日をかけて
口の中で少しずつ溶け出して体内に取り込まれて、人によってはアレルギーを引き起こすことがあり、私たちの口の中はあたたかく、唾液で湿っているので、たくさんの細菌が存在してるのでこのような環境は、金属にとってお口の中はとても過酷なものなので、定期的に歯科医院でお口のクリーニングを行い、口腔内を清潔に保つのも重要です。
当院では、詰めものや被せものに銀を使用しない治療方法もございます。

合格祈願

2017年03月3日

こんにちは。

3月に入り、もうすぐ歯科衛生士国家試験があります。

そこで、4月入社予定の歯科衛生士新入社員へ向けて
当院の近くにある阿豆佐味天神社で
お守りを合格祈願してきました。

全国の歯科衛生士の学生の皆様も試験頑張ってください(^-^ )!!

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

042-536-4605

砂川七番駅から0分

〒190-0004東京都立川市柏町3丁目1-1 ナカノヤビル 1F

受付時間
Registration time

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

Sat

Sun

Holi
09:00 ~ 18:00--

△ 土曜日の診療は09:00 ~ 17:00

このページの先頭に戻る