医院ブログ│永田歯科医院。立川市の砂川七番駅から0分。駐車場完備

〒190-0004 東京都立川市柏町3丁目1-1

  • 042-536-4605
  • 個別相談
  • 24時間オンライン予約
キービジュアル

デジタルGBRテクニック(垂直および水平的骨造成)

2022年10月25日

従来法の一つ
ソーセージテクニック
Istvan Urbanが開発した歯槽堤造成のテクニック。特に水平的骨造成に用いられるが垂直的造成に使用されることも。高度に骨吸収の生じた欠損部にメンブレンを設置し、自家骨ととBio-Ossを1:1で混ぜたものを補填する。その際にメンブレンを引き伸ばしながら当該部位を覆い、保持する。メンブレンの内部に補填材料をパンパンに詰め込みチタンピンで留めた状態がソーセージのように見える。パンパンに骨補填剤を入れるのがポイント。

 

デジタルを用いた方法
CADCAMチタンメッシュ

従来は高度の骨欠損部位に最終的に造りたい形をイメージして、チェアサイドでチタンメッシュを曲げて適合させていた。しっかりと適合させるための賦形やそれにかかる時間が難点だった。現在はCAD上で術前にチタンメッシュの理想的な形態を設計し、CAMでチタンメッシュを作成している。この方法により術中は適合を確認し、骨補填材料を詰めてスクリューで留めるというシンプルな術式になっている。もちろん一次閉鎖を獲得するために減張切開や精密な縫合は変わらず必要である。

      

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

042-536-4605

砂川七番駅から0分

〒190-0004東京都立川市柏町3丁目1-1

受付時間
Registration time

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

Sat

Sun

Holi
09:00 ~ 17:30-

※ 休診日:祝日

このページの先頭に戻る