医院ブログ│永田歯科医院。立川市の砂川七番駅から0分。駐車場完備

〒190-0004 東京都立川市柏町3丁目1-1 ナカノヤビル 1F

  • 042-536-4605
  • 無料メール相談
  • 24時間オンライン予約
キービジュアル

ショートインプラント 破壊的に骨のない患者様へのインプラント産業からの提案 立川 永田歯科医院

2020年05月25日

ショートインプラント

Immediate Loading of Fixed Partial Dental Prostheses on Extra-Short and Short Implants in Patients with Severe Atrophy of the Posterior Maxilla or Mandible: An Up-to-4-year Clinical Study

Francesco Amato, MD, DDS, PhD1/Giorgio Polara, DDS2/Giorgio Alfredo Spedicato, PhD CStat, FCAS, FSA3

Purpose: The goal of this study was to evaluate the cumulative survival rate and marginal bone loss (MBL) of extra-short (5- and 6-mm-long) and short (6.5-mm-long) implants inserted into severely atrophic, partially edentulous posterior maxillae and mandibles that were immediately restored with provisional fixed dental prostheses. Materials and Methods: Between October 2013 and December 2017, partially edentulous patients with severe vertical bone atrophy in the posterior area in need of replacement of premolars and/or molars with fixed prostheses were enrolled in the study. Analysis of cumulative survival rate and MBL was determined with respect to implant length at the longest, biannual follow-up period (38 ± 10 months; range: 25 to 48 months). Results: Fifty-five patients were included in the study. A total of 62 extra-short (5 and 6 mm), 15 short (6.5 mm), and 69 standard-length (≥ 10 mm) implants were immediately placed and loaded. Cumulative survival rates were similar for all implants (99.3%). One mandibular extra-short implant failed and was removed but was replaced 2 months later with another implant of the same length and diameter and successfully reloaded. Implant length did not impart any significant differences in MBL, though the presence or absence of platform switching was influential. Conclusion: The cumulative survival rate and MBL reported in this study encourage the use of short and extra-short implants to immediately restore with fixed prostheses partially edentulous patients with severe vertical bone atrophy in posterior areas. Thus, it could be an alternative treatment to vertical bone augmentation. Int J Oral Maxillofac Implants 2020;35:607–615. doi: 10.11607/jomi.7943

Keywords: immediate restoration, implant-supported prosthesis, occlusal loading, posterior edentulism, short implants

 

天然歯の場合は歯冠歯根比が重要になります。歯根膜は靭帯だから、そこにプレッシャがかかることによって歯の移動が起こったリリモデリングするから。

 

インプラントの場合は骨と一体化しているからネックにストレスがかかるだけで、オッセオインテグレーションしたらインプラントー歯冠比は影響が少ないと考えられる。オーバーロードは骨インプラントごと破壊される。すなわち、埋まってる量じゃなくて本数や配置、かかる力の方が重要。

 

咀嚼関連筋群をどのように制御するか?

1 咬合調整

2 ナイトガード

3 咬筋メソセラピー

当院ではここ!

 

永田浩司

アダプテーションテクニック adapted bone site preparation technique 骨粗鬆症 骨の柔らかい人へのインプラント 立川 永田歯科医院

2020年05月25日

豚アダプテーション

Andreas Beer Andre ́ Gahleitner Anders Holm Wolfgang Birkfellner Peter Homolka

Adapted preparation technique for screw-type implants: explorative
in vitro pilot study in a porcine bone model

Key words: bone mineral density, dental CT, torque Abstract

Objective: The aim of this study was to quantify the effect of adapted preparation on the insertion torque of self-tapping implants in cancellous bone. In adapted preparation, bone condensation – and thus, insertion torque – is controlled by changing the diameter of the drilling.

Material and methods: After preparation of cancellous porcine vertebral bone with drills of 2.85, 3, 3.15 or 3.35 mm final diameters, Bra ̊ nemark sytems Mk III implants
(3.75 􏰀 11.5 mm) were inserted in 141 sites. During implantation, the insertion torque was recorded. Prior to implant insertion, bone mineralization (bone mineral density (BMD)) was measured with dental quantative computed tomography. The BMD values measured at the implant position were correlated with insertion torque for varying bone condensation. Results: Based on the average torque recorded during implant insertion into the pre- drilled canals with a diameter of 3 mm, torque increased by approximately 17% on reducing the diameter of the drill by 5% (to 2.85 mm). On increasing the diameter of the osteotomy to 3.15 mm (5%) or 3.35 mm (12%), torque values decreased by approximately 21% and 50%, respectively.

Conclusion: The results demonstrate a correlation between primary stability (average

insertion torque) and the diameter of the implant bed on using a screw-shaped implant.

Thus, using an individualized bone mineralization-dependent drilling technique, optimized

torque values could be achieved in all tested bone qualities with BMDs ranging from 330 to

3
500 mg/cm . The results indicate that using a bone-dependent drilling technique, higher

torque values can also be achieved in poor bone using an individualized drilling resulting in higher bone condensation. As immediate function is dependent on primary stability (high insertion torque), this indicates that primary stability can be increased using a modified drilling technique in lesser mineralized bone.

とてもいい論文!

実験のデザインもデータも見やすい!

 

 

ドリリングとインプラントサイズのイメージ

 

 

骨質悪くなると初期固定は取りにくくなる。

骨質が悪い人に必ず初期固定が出るおは言い切れないのではないだろうか?何かそのテクニックがあるのであれば探求したい。2007年の論文だし。

 

骨質良くてもドリリングが下手だと初期固定は劇的に下がる!

1、タッピングなし

2、カウンターシンク(プロファイルドリル)なし

3、ドリルの直径を小さくする

4、長く、太いインプラントを用いる

 

この論文にはintroのところにしかかかれていないが、

5、bone condensation

6、conical implant (self tapping implant)

も有用である。

 

初期固定を得るために

good implant

good patient

good clinician

どこまで行ってもこの原則は不変。

永田浩司

 

 

オールオンインプラント治療に大切な初期固定 立川 AO4 オールオンフォー

2020年05月24日

イニシャルスタビリティー2

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29363678/

 

 

in Vitroの試験だが、骨質の設定と使用した材料の詳細がリンクしておらず、この論文からだけでは理解が難しい。

 

結果においても、raw dateではなく統計結果のみの記載なので、統計自体は難しい統計を使ってはいないが、統計に精通している臨床化ではないと読みにくい。

 

結果、著者の意見をそのまま鵜呑みにする羽目に。

アンダープレパレーションがいい

オステオトームがいい

コニカルがいい

いやいや、そんなこと読まなくても知ってるし、何故?を可視化するのがin vitroでしょう。

discussionも薄い。。

 

 

永田浩司

 

インビザライン急速矯正治療 立川 矯正歯科医院 オルソパルス コルチコトミー インビザライン認定医が4人在籍

2020年05月24日

2020_03_151_ojima

 

 

ケースレポート

LED当てただけで急速矯正治療???手軽すぎる!

ただし

ケーレポです。

 

 

12mm/1weekの移動量が期待できるそうです。

https://www.orthopulse.com/sites/default/files/file/2019-12/iO02-MKT-060%20Clinical%20And%20Scientific%20Dossier%20Rev%20D.pdf

 

悲しいかな、commercial drivenの歯科業界

永田浩司

マウスピース矯正 インビザライン認定医院 立川 永田歯科医院

2020年05月14日

一般治療もできずにきれいにならない矯正がない中で、患者様に正しい声を伝えたい。そういう思いで今われわれは立ち上がります。

 

一般治療のできない矯正歯科医師は信頼できません。

矯正治療のできない一般歯科医師は嘘つきです。

できることだけ提供するのではなく、何が患者様にとって最善なのかを提供するのが我々科学者の端くれである歯科医師の務めだと思っています。

賛同してついてきてくれる当院のスタッフには頭が上がりません。相沢さんどうもありがと。

 

 

 

コロナ対策 エアロゾル対策

2020年05月10日

当院では、アシスタントをつけた4ハンズ診療を原則とし、さらに校区外バキュームも必要に応じて使いエアロゾルを可及的に防止しています。

エアロゾル原因の感染は、現在のところ歯科では全くないようです。

骨粗鬆症 インプラント治療 成功の鍵 立川 永田歯科医院

2020年05月9日

20200508
NDC Journal club

Osteoporosis とdental implant survival rateについての昔の論文。

そういえばCTも昔はアナログでした。

 

成功の鍵は

adaptive bone preparation technique

and

sufficient dealing period free from negative micro movement

アダプテーションテクニック

の意味するところは

充分な初期固定の獲得ですね。

ガイド信者とか一生辿りつかないでしょうね。

永田浩司

 

換気徹底の上勉強し続けます。

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

042-536-4605

砂川七番駅から0分

〒190-0004東京都立川市柏町3丁目1-1 ナカノヤビル 1F

受付時間
Registration time

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

Sat

Sun

Holi
09:00 ~ 18:00--

△ 土曜日の診療は09:00 ~ 17:00

このページの先頭に戻る