医院ブログ│永田歯科医院。立川市の砂川七番駅から0分。駐車場完備

〒190-0004 東京都立川市柏町3丁目1-1 ナカノヤビル 1F

  • 042-536-4605
  • 無料メール相談
  • 24時間オンライン予約
キービジュアル

lunch on 院内勉強会 ✏️  ♯立川 ♯永田歯科医院

2019年05月27日

永田歯科医院のスーパー歯科助手を目指している新人の新保です^^

当院では連日昼休みを利用して、 様々な勉強会を開いています。

患者様が来院した際に安心して治療を受けていただけるように、スタッフみんなで日々知識を深めています。

 

この日は外部の講師の方を呼んで、知覚過敏について学びました。知覚過敏とは何なのか?と思っておりましたが、勉強会に参加して知覚過敏について色々知ることができ目から鱗でした!!!!

日々の歯ブラシにより歯が削れることを知り、歯ブラシの力加減を気をつけようと思いました。

 

 

自信を持って対応できるよう日々精進致します。

これから宜しくお願い致します。

 

Sraumann Forum 2019で発表してきました!

2019年05月27日

Straumann Forum 2019

日時:2019/5/19

場所:有楽町駅 国際フォーラム

学会名:Straumann Forum 2019

こんにちは、歯科医師の塩谷です。私は2019年5月19日に国際フォーラムにて開催されたストローマンフォーラムに参加してきました!ストローマンフォーラムとは当院で採用している世界最高峰のインプラントメーカーのストローマンが主催した講習会及び発表会です。インプラントのメーカーは数千種類あると言われていますが、その中でストローマンインプラントが最も固定されやすく治療の経過も良好な材料であるというデータがございます。数ある治療法の中、世界基準に沿いながら最良と思われる治療を日々提供していきたいと私は考えております。

 

全国でご活躍されている著名な先生方が、日々の臨床における最新の治療法やデータなどを講演してくださり大変勉強になりました。私は受講生として参加するだけでなく、幸いなことに自分の症例を発表する機会を得ることができポスター発表をして参りました!テーマは「審美領域で親水性チタンジルコニア合金製インプラント体を用い即時埋入で対応した1症例」ということで私が日々行なっているインプラントの1症例を報告致しました。ざっくり簡潔に内容をお話ししますと、通常治療終了まで一年弱かかるような状態から、より骨との結合に有利な材料を選択し、かつ生体親和性に非常に富んだ骨再生療法を選択することによって比較的早期に良好な治療結果を得られたという報告をさせていただきました。

 

 

非常に光栄なことに東京医科歯科大学インプラント科の教授である春日井先生が私の症例を見てくださり、貴重なご意見をいただくことができました。私が東京医科歯科大学で学生をしていた時から、春日井教授には大変お世話になっておりましたので卒業してからも再びご指導いただけて嬉しく思います。早速先週のインプラントの治療で、教えていただいたテクニックを採用し、より精度よく手技を終えることが出来ました

30under30の同期メンバーや大学の同級生も今回駆けつけてくれましたので、ポスターの前でとても細かいところまでディスカッションすることができました。この発表を準備するにあたって必要な資料を用意する過程で自分の中で様々な情報を整理することができたので発表当日以外も充実していて毎日楽しかったです。来年はシンガポールにてフォーラムが開催されますので今からその準備に向けて動き出しています

 

 

永田歯科医院 歯科医師 塩谷哲郎

Straumann Forum 2019  ♯立川 ♯永田歯科医院

2019年05月25日

永田歯科医院 歯科衛生士の永田です。

先日、東京国際フォーラムにて開催されたStraumann Forum 2019に参加せせて頂きました。当医院で使っているインプラントはこちらの会社のものになります。歯科業界シェア率No.1のストローマンインプラント。今回、ストローマンの製品を取り扱っている先生方の講演を聴いて参りました。歯科材料や機材など沢山のものが出回ってる昨今、色々な先生方の話を聴くことにより、知識を深めることができました。また、今回一番楽しかったテーマは、やはり咬合力について。

人間の口腔内のトラブルの原因

1 カリエス

2 ペリオ

3 咬合力

4 医原性

が挙げられます。アジア人は欧米人に比べ、力のトラブルが多いと言われています。私自身、もう何年もマウスピースを嵌めて寝ております。最近では、咬筋にボトックスを注射し、筋肉を弛緩させるような処置もあります。試しに私も打ってみました。確かに咬筋の力の入り方が、ボトックスを打つ前と後では違うことを体験しました。以前であれば、数日マウスピースを嵌めないと顎が痛くなったり、硬いものを噛んだ時に激痛が走ったり、、、ボトックス注射後はその様な痛みがなくなりました。話は逸れましたが、いかに夜間就寝時に口腔内に力がかかっているのか。。。口腔内では気づかぬうちに力がかかっているので、今回実際に臨床で起きたこと、発見、対応などの症例を見て、患者様自身が気づいていない力にも私達が気づき患者様に伝えて行くことが大切だなと思いました。

 

また、今回 永田歯科医院のDr.も発表をいたしました^^

 

とても大きな学会だったので、福岡で同じ研修を受けた先生にも偶然会えました。みんな頑張っているのだなと、、、

医療は日進月歩なので、自分の知識を常にアップデートし、患者様に良い医療を提供できる様に、また置いてけぼりにならない様に、、、これからも、頑張ります^^

 

大根一年分頂きました^_^

2019年05月14日

池田様

 

ありがとうございます。

 

しばらく大根漬けになりそうです。

 

永田歯科医院一同

日本補綴歯科学会 年次総会参加 専門医に次ぐ指導医を目指して

2019年05月13日

2019512

札幌コンベンションセンター

日本補綴歯科学会年次総会

日帰りで北海道の札幌まで学会に参加して参りました。遠くの大学で活躍する友人や、大学院時代の同期など、1戦で活躍してる人たちの近況を聞いたり、また、最新のトピックスに関しても触れて参りました。

開業医向けの学会とは違い、非常にアカデミックな内容の補綴歯科学会では、全身の技術や材料はもちろんトピックスとして取り扱われますが、それ以上にお手伝いとして社会にどのように貢献したら良いかと言うことを話し合うようなセッションが非常に多かったです。

とりわけ、向こう20年間は増え続けると言われている老齢人口に対するベッドサイドの摂食・嚥下治療に関して、補綴治療のオプションに付け加えなければいけないコンセプトだと、専門医向けにシンポジウムが組まれる位でした。

また、個人的に1番興味を持ったのは、ピンク色のジルコニアを含有した、ストローマン社の桜というジルコニアブランクです。ピンク色のジルコニアは、今まで見たことも聞いたこともありませんでした。オールオンフォーなどの大規模補綴物の多い当院では、これらの治療オプションも、積極的に近い将来取り入れていこうと考えております。

ケアズソリューションセンター

おそるべし。

永田浩司

アンダーアーマー認定医院 立川 スポーツ歯科 永田歯科医院

2019年05月11日

アーマーバイトの生産が終了しました。

当院では、スポーツ歯科の先生にご指導いただき、競技ごとのパフォーマンスの高いマウスピースを製造していこうと思っています。

個人的には気にいっていたのですが、すごく残念です。

しかし転んでもただでは起きません。今までよりパフォーマンスが良いものを皆様にご提供できるように、学んでいこうと思います。

永田浩司

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

042-536-4605

砂川七番駅から0分

〒190-0004東京都立川市柏町3丁目1-1 ナカノヤビル 1F

受付時間
Registration time

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

Sat

Sun

Holi
09:00 ~ 18:00--

△ 土曜日の診療は09:00 ~ 17:00

このページの先頭に戻る