医院ブログ│永田歯科医院。立川市の砂川七番駅から0分。駐車場完備

〒190-0004 東京都立川市柏町3丁目1-1 ナカノヤビル 1F

  • 042-536-4605
  • 無料メール相談
  • 24時間オンライン予約
キービジュアル

日本でたったの10人ヨーロッパインプラント学会専門医 立川 永田歯科医院

2020年11月13日

初めてヨーロッパのインプラント学会に参加したのは2014年の9月、イタリアのローマでした。私はその時にクーリー先生と出会い、自家骨移植に目覚めました。次の年からもヨーロッパのインプラント学会に通うようになり、そのうちこの学会の認定プログラムがあることを知りました。

英語がすごい得意と言うわけでもないですし、格式高いヨーロッパのインプラント学会の認定なんてとても取れるものではないなと感じていました。しかし毎回ヨーロッパのインプラント学会に参加すると、周りの友人で何人か取得した方などもおり、お前ならいけるよと肩を押してもらうことが今回受験するきっかけとなりました。

実は2019年にも申請をしようとしたのですが、準備が足りず、翌日から準備を開始し1年間準備をして2020年の受験に備えました。一緒に勤めている歯科医師の先生にも協力をしてもらい、毎週早朝に論文を必ず読み、知識を蓄え、またヨーロッパのインプラント学会の水準に合うような症例のアーカイブも行いました。

認定証や、合格通知等がまだ正式に到着しないので少々心配ですが、コロナの影響もあり合格発表はズームでの発表となりました。今回その時の様子をあげさせていただきます。

ここ数年、夢にまで見たヨーロッパのインプラント学会の専門医に選ばれ、非常に嬉しく思います。しかしながら、専門医に選ばれたからといって今日から別人と言うわけでもなく、今までと同じように目の前の仕事には全力で取り組まなければいけません。どこまで進んでも満足することは無い。走れば走るほど遠のいていくスタートライン。残り15,000時間、走り続けます。

永田浩司

https://www.instagram.com/p/CGHc7irnR9n/?igshid=1ljbw7lu5mjq2

ガラスセラミックの新しいエッチング方法

2020年11月13日

当院で使っている、ガラスセラミック型のセルフエッチングプライマーの科学論文の検証です。

自分が使っている材料のことを何も知らない歯科医師が世の中のほとんどです。科学論文どころか説明書も読まない、セールスマンの言うことだけを聞いて使っている。おかしくないですか?科学者の端くれとして。

大変失礼いたしました少し感情的になってしまいました。実は私も追いつかないところがあり、私こそがそのような状況に忙しいとなってしまうと言う事が強く、今回ブログで科学論文を抄読していくことにしました。必要があれば現場のフルテキストを読んでいきますが、今回は多くの科学論文のアブストラクトを得ることができましたので、こちらを毎日1本ずつ解説していこうと思います。

論文抄読はすべて私のInstagramのアカウントにアーカイブし、ゆくゆくはYouTubeで発信していくつもりです。

歯科理工学会認定デンタルマテリアルアドバイザーのnagata kohjiがワンステップセルフエッチングプライマーの最先端の世界をご紹介いたします。

永田浩司

マウスピース矯正マスターコース修了 立川矯正歯科 

2020年11月13日

半年間に及ぶマウスピース矯正の研修を終えました。

研修前と研修後ではマウスピース矯正に対する考えが大きく変わりました。マウスピース矯正と言うと怪しい金儲けの矯正治療だと思われることが多いですが、むしろ従来の治療法よりも科学的ではないかと思えるくらい、治療法が確立していると思いました。

マウスピースのマスターコースに関しては日本ではたった1つのコースしかなく、その研修費は高額なことから、ある程度の規模がなければその研修を受けることさえ叶いません。医療法人アスクラピアからの支援を得て、今回半年に及ぶマウスピース矯正のコースに参加して参りました。

どんな治療でもできると言いたいところですが、実際ではそうではなく、外科を伴ったり重度の不正咬合に関しては重症患者様たちだけを扱っている方たちが治療したほうがいいと言うこともよくわかりました。

マウスピース治療に限らず、医療として矯正治療を考えた場合、マウスピース治療とは何でしょうか?

本来医療には

病因

解決策

治療方法

の順番に考えていかなければいけませんが、矯正治療の患者様がいらっしゃる時、考えている順番はどうでしょうか?多くが、治療方法のみです。

矯正治療であれば以下の順番で考えなければいけません。

理想的な歯のポジション

それに必要な移動

必要な移動量を得るための矯正装置

私の知る限り全ての治療オプションを1人の歯科医師ができると言う事はおそらくあり得ません。逆を言えばその歯科医師が持っている治療オプションで必要な移動を得るためにはどうすれば良いと言う組み合わせになっていくと思います。知識や経験引き出し、これは歯科医師として常に学び続けなければいけないことだと痛感しました。

マウスピース矯正とは、矯正装置の1つに過ぎないと言うことです。

医療サービスとしてはこのほかにも、時間的な制約、経済的な金銭的な制約も非常に重要なファクターになってきます。

これらすべてをバランスを取って患者様に最良のプランを提案してあげること、そして矯正治療だけの提案であってはいけなく、一般治療も含めて健やかに、美しい笑顔を提供するにはどうすればいいか?そこが歯科医院の差になってくると思います。

価格競争にはついていかない。

永田浩司
https://www.facebook.com/100000562478004/posts/4049419345086775/?d=n

20201112 社員研修

2020年11月13日

https://www.instagram.com/p/CHgzyz-BLvs/?igshid=kpfl3rwipad4

歯科医院ひいては医療機関で働くすべての皆様へ。

専門知識は専門家だけのものと思っていませんか?

翻って自分が患者様だったらどう思うでしょうか?そこに勤めている受付であったりアシスタントの人も含めて最先端のサービスについて知っていると思いませんか?少なくとも私よりも知ってると思う、あるいは知っていて欲しいと思うのは当然のことだと思います。

いちど入ってしまうと、自分の業務から抜け出すのはなかなか難しいことですが、業種の殻を破ってせっかくだから勉強しましょう!

医者と言われるとすごいような感じがするかもしれませんが、小さい分野に絞ってみれば医者と言う枠組みがなくてもそれ以上の知識を得る事は非常に簡単です。たった1つの分野、トピックスでもいいと思います。医者よりも詳しい何かを一緒に働いている全ての人に持って欲しいと思います。

永田浩司

NDC journal club ザイゴマインプラント オールオンフォー まずはここから ZAGA分類

2020年10月20日

ザイゴマインプラントの勉強会


楽しかったー!

コロナ発生!その時の歯科医院の対応とは!? ORCに学ぶ感染予防対策

2020年10月13日

2020年春

全世界を新型コロナウィルスが感染性がパンデミックの恐怖に陥れられた。

私の尊敬して止まないORC安藤先生のいくつかある医院の1つでもコロナ患者が発生した。その時の貴重な体験を今回学んできたので皆さんに共有したいと思う。

ミクロでは院内でやっている細かな感染予防対策はもちろんありますが、マクロでは医院として対外的に行う対応も重要です。

まず発生したときに自分の医院でコロナウィルス感染症が発生したことを告げることが大切です。隠そうとすればするほど、インターネットの力を使い必死に皆さんお調べになり、あるいは炎上騒ぎになることも考えられます。一刻も早くご自身から患者様にお知らせすることが大切です。

職員や患者様の連絡をしてあげることも大切でしょう。保健所に連絡を行い、どういった対応になるかと言うことを指示を上げながら行動することも大切ですしかしながら、保健所もこの未曾有の環境に、経験したことのない対応を迫られているわけですので、完璧な対応は存在しないと言うことを理解して、行動することが大切です。

ロックダウン下では4週間の閉院を余儀なくされていましたが、安藤先生の所では2週間の閉院で営業を開始しております。職員全員のPCR検査はもちろんのこと、徹底したした感染症対策を施すことにより、早期の営業再開を果たしました。現在ではきちんとした感染症対策を行うことで閉院することなく営業を続けているところもあるようです。

そして2週間後、対策をきちんと行い”コロナウイルスに勝利した”との新聞の一面を使って広告を出したそうです。結果、2週間後には患者様はむしろ以前よりも増加したそうです。コロナウィルス感染症に関してはきちんと対策をしていたから出ないとかきちんと対策していなかったから出るとかそういうことではなく、単純に感染症を起こしている人が来院をすればその時点でどんな対策をしていてもリスクの高い医療機関として認定されていた時期だと思います。

我々の医院でも様々な対応しています。例えば、職員患者の検温、手洗い、うがい、クリーンスタッフの採用、アンケートの実施、バリケード設置、帽子、腕カバー、フェイスガード、アドバイザー、営業日調整、スタッフルームの三密回避策など。様々な感染症対策を行っています。しかしどんなに感染症対策をしても100%の感染症対策はなく、出来る限り組織として取り組めることを取り組んでいくこと以外にはないと言うのは私の結論です。第二に、当院のような小さな規模の歯科医院であっても30人から40人のスタッフが毎月働いています。我々家族だけではまだ良いですが、そういった方たちの生活のことも考えると、感染症を起こし、彼らの生活を脅かすようなことがあってもいけません。そして最後に、ブランドイメージです。安藤先生の所ではスマートに対応することができましたが、1つ対応を間違えば、医療機関としては取り返しのつかない位のダメージを負った可能性もあります感染症が起きてしまったと言うワードは、たとえ医院に非がなかったとしても患者様にとってはインパクトの強い印象になるのは間違いないです。そして10年20年その悪評は消える事はないでしょう。

緊急事態宣言が解除され、ゴートゥーキャンペーンなども行われ、少しずつ世の中は息を吹き替えしてるような印象があります。しかしながら、日々の感染者数は常に一定数存在し、そして、季節的にも感染症が増加する時期に差し掛かってきています。いつロックダウンのような最悪な事態がまたあるともわからない状況ですので、常に経営者としては最悪の事態を想定して準備をしとくべきだなと考えております。

 

永田浩司

Adobe クリエイティブクラウドを用いた実習

2020年09月21日

IMG_4604

 

Photoshop

lightroom

illustrator

premiere pro

after effects

encode

audition

結構使ってる。

 

MacBook Pro13インチは統合GPUのため、eGPUを京都まで運ぶ羽目に。

 

旧型のiPad ProをSidecarとして初利用。なかなかの快適。

インビザライン認定医 矯正 塩谷哲郎 立川 

2020年08月2日

 

アライン社の半年にも及ぶ厳しい訓練を受け、認定症例を提出し、無事インビザライン認定医として認定されました。

おめでとう!

 

2020年08月1日

‎歯科衛生士の永田です。

先日、院長と衛生士の相澤さんとの3人で茨城県龍ヶ崎にある”けやき歯科”へ見学に行って参りました。

とてもスタイリッシュな歯科医院で、初め歯科医院と思わず通り過ぎてしまうところでした。

けやき歯科の院長先生が、自分が幼い頃、歯科医院とは痛くなったら行くところで予防という概念がなかったから、予防メインの歯科医院を作りたいという思いで開業された歯科医院だそうです。

院長筆頭にスタッフの方々にも快く迎えていただ来ました。

患者様にすぐ還元できるようなシステムもあったので、導入して参りたいと思います。

お忙しい中、お時間を作っていただき、ありがとうございました😊とても有意義な時間を過ごすことができました。

オールオンフォー メインテナンス 衛生士 ベテラン 立川 インプラント 安全 早い

2020年07月27日

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

042-536-4605

砂川七番駅から0分

〒190-0004東京都立川市柏町3丁目1-1 ナカノヤビル 1F

受付時間
Registration time

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

Sat

Sun

Holi
09:00 ~ 18:00--

△ 土曜日の診療は09:00 ~ 17:00

このページの先頭に戻る